【まなび】島原防災塾

旧四小校舎の痕跡を訪ねて

 6日(日)に令和2年度の島原防災塾が杉谷公民館を中心に行われました。市内の小学校から60名、本校からも30名を超える児童・保護者、多数の教職員が参加しました。
 今年度は、感染防止のため規模を縮小し、午前中までの開催となりましたが、内容は充実しており、とても勉強になりました。
 特に、屋外学習は、噴火前と後の中尾川の様子、旧四小校舎や杉谷公民館などの痕跡を歩いて確かめました。過去の写真を見ながら、懐かしい母校に想いを巡らせていた保護者の方もいらっしゃいました。
 その後、災害の体験談や地震や科学の災害、模型実験や災害時の対応等、たくさんの方々を講師に迎えて実に充実したまなびがありました。

活動の様子